ウニ栽培漁業センターと(株)ひろの屋さんの視察に行ってまいりました。

 南部ダイバー発祥の地、岩手県洋野町のウニ栽培漁業センターと(株)ひろの屋さんの視察に行ってまいりました。
 磯焼け対策、藻場再生と同時に必要不可欠であるウニの畜養と販売について学ばせていただきました。
 ウニは英語でsea urchin 海の悪ガキです。確かに海藻を食べ尽くす悪者のような扱いをうけていますが、増え過ぎたからただ潰して駆除するだけでは勿体ない。漁師からすればウニ=お金です。我々消費者にとっては美味しい海の幸のひとつ。楽しみにしている人も多いはず。
 磯焼けエリアのウニは身が痩せていてそのままでは食べられませんが、蓄養して人工飼料や昆布などの餌を与えることにより肥って美味しいウニに変わります。それを皆さんに買って食べてもらえれば、そのお金の一部から藻場再生に回すことも可能になります。なので、これからウニを食べられる際にはウニを採っている姿だけではなく、藻場を育てている姿も思い描いていただきたい。
 海の問題は経済と切っても切り離せない関係にあります。私達が現在取り組んでいる問題の一つである磯焼けを改善していくためには、科学的に海中環境を考えるのはもちろんのこと、その浜で暮らす漁民のこと、そしてその特定の浜だけではなく三陸沿岸全域に渡って共に考えていくことが重要であります。さらには日本全国、世界各地との連携も必要となるでしょう。
 ひろの屋の下苧坪社長、お忙しい中ありがとうございました。