連休の日月と千葉県館山市の災害ボランティアに参加してきました。

連休の日月と千葉県館山市の災害ボランティアに参加してきました。
現地に入ってみて被害の大きさ、被災エリアの広大さを実感させられました。
屋根の上に登ってブルーシートを張る作業ができる専門職の方がもっともっと必要であると感じました。
また、それ以外にも屋根が飛ばされてしまったり、屋根瓦が割れて屋内が水浸しになり建物自体が住めなくなったり、家財道具が使えなくなったりしているので、瓦礫や、廃棄物の運搬にも人員が必要です。

家屋の修理には、かなり時間も費用もかかると思われます。
被災した家主の方はどうしたら良いかもわからない状況に精神的に疲れ果てておられる様子でした。

皆さんも是非、ボランティアに参加していただければと思います。
現場作業は勿論、ボランティアセンターの運営の方も大忙しなので、経験のある方は是非そちらも。

また、ボランティアに参加する場合、バスや高速道路などの料金が往復または復路のみ無料になる場合があるので確認してみてください。

http://www.fukushi-tateyama.or.jp/ibentoosirase.html

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、空、屋外