3/19【オンラインイベント】震災から10年 三陸ボランティアダイバーズのこれまでと、これから

2011年3月11日の東日本大震災から10年。

震災当日はタイにいた岩手出身の佐藤寛志(現・三陸ボランティアダイバーズ代表)は急遽帰国し、被災地での救援活動を始めたことをきっかけに設立されました。インストラクターの元同僚たちは義援金と救援物資を募り、佐藤が最前線で活動できるよう支援を展開。段ボールにして約500箱以上、義援金250万円以上を集め現地に送りました。

 

IMG_0439_20110325215828.jpg

こういった仲間たちのつながりと行動から、三陸ボランティアダイバーズは設立に至りました。その後は海中瓦礫の撤去、漁場の再生と、多くのダイバーや支援者の方に支えられ、活動を継続してきました。

こうした震災後の活動を振り返り、今後の活動の展望を語るオンラインイベントを、3月19日(金)に開催したいと思います。当日は震災後の活動だけでなく、今の三陸の海の様子、現在の活動など、広く三陸の海や、我々の活動のこれまでとこれからをご紹介したいと思います。

 

「瓦礫撤去など、震災後の活動に興味がある」

「三陸の海が今どうなっているか知りたい!潜ってみたい。」

「環境再生活動が気になる。」

「久しぶりに三陸ボランティアダイバーズのみんなに会いたい!」

 

そんな方々のご参加をお待ちしています!

参加する

 

【オンラインイベント】震災から10年 三陸ボランティアダイバーズのこれまでと、これから

【日程】2021年3月19日(金)
【時間】19時〜20時30分
 ※その後、希望者で懇親会をおこないます。
 (飲み物やおつまみのご用意をお忘れなく)
【参加方法】Zoomでの開催を予定しています。詳しい参加方法やリンクは、フォームご登録の方にお知らせします。
下記のフォームより、お申込みをお願いします。

 

 

三陸ボランティアダイバーズの活動が、朝日新聞に掲載されました!

2021年3月4日の朝日新聞に、三陸ボランティアダイバーズの活動が紹介されました。震災後の展開、現在の活動についてよくまとまっていますので、ぜひお読みいただければと思います。内容は朝日新聞デジタルで公開されていますので、下記からお読みいただけます。

「ふるさとの海を耕す」藻場の復活へ 佐藤さんの情熱