NPO法人三陸ボランティアダイバーズは、東日本大震災で被災した三陸沿岸部の復興を支援し、海の現状を伝えるダイバーの集まりです。

●支援について

三陸ボランティアダイバーズは皆様に支えられて活動しています。

(このページは現在作成中です)

支援金での購入品をご報告します

ダイビング器材

写真20(レギュレーター)
●レギュレーター(10本)
写真22(水中マスク)
●水中マイク
写真23(マウスピース)
●マウスピース
写真24(タンクチャージ代)
●タンクチャージ代
写真25(調査用撮影器材)
●調査用撮影器材
写真26(タンクオーバーホール)
●タンクオーバーホール
写真27(器材オーバーホール)
●器材オーバーホール

 (以上、ダイビング器材 約80万円)

陸作業器材

写真28(胴長)
●胴長(河川清掃用)
写真29(漁師ガッパ)
●漁師ガッパ
写真30(長靴)
●長靴
写真31(軍手)
●軍手
写真34(バックル)
●バックル

 (以上、陸作業器材 約20万円)

施設費

写真35(施設リフォーム)
●施設リフォーム(コンプレッサールーム、器材庫、器材洗い場)
(約40万円)
写真36(ガソリン代)
●ガソリン代
(約48万円(約8万円/月))
写真37(自動車整備費)
●自動車整備費
写真38(イベント費)
●イベント費(マリンダイビングフェア、講演出張費、広報活動)
(約20万円)
写真39(灯油)
●灯油
(約5万円/冬)
写真40(車両リース費)
●車両リース費
(約30万円(5万円/1ヶ月))
(写真無し)
●備品購入
(約10万円)