藻場再生体験 参加者募集中!

三陸の海を耕す活動です

三陸の海で広がっている磯焼け被害。ウニが増えすぎて「海の砂漠」のような場所が毎年拡大しています。私たちは、各地の漁協や生産者と連携し、この海の砂漠を耕し藻場を再生する活動をおこなっています。ダイビングCカード保有の方であれば誰でもご参加可能です。詳細をご覧ください。

土日を中心に毎週活動しています

地元メンバーを中心に、毎週のように再生活動に取り組んでいます。天候や参加者のスキルを考慮して活動内容を調整しますので、気になる方はまずはエントリーくださいませ。

復活を始めた藻場

成果があがるまでは試行錯誤の繰り返しで、「そんなことしても意味ないよ。」「人間の力じゃ元に戻せない」といった厳しい言葉も受けてきましたが、地道な取り組みの末、ホンダワラやスガモなど、幅広い海藻が繁茂する藻場が生まれ、魚も帰ってきました。

藻場再生活動の詳細

活動地域:
岩手県大船渡市内。下記の「みちのくダイビング リアス」に集合して活動開始します。
みちのくダイビング リアス 岩手県大船渡市三陸町越喜来甫嶺40−2

活動日:
決まった活動日はありません。ただほぼ毎週藻場再生活動をしていますので、まずは参加希望の日程を教えてください。天候なども考慮して、活動日を調整します。

作業内容:
藻場の観察、海藻の定着作業、ウニの移植や駆除、清掃活動など

必要スキル:
Cカード保有者の方なら誰でも参加可能です。ただし、しばらくダイビングをしていない方や、ドライスーツに不慣れな方は申し込みフォームにてお知らせください。(11月〜5月くらいはドライ必須です!)

参加費:
1日8000円(レンタル器材代やタンク代を含みます)。ドライスーツも含めて、足りない機材は全てレンタル可能です。

活動のイメージ:
朝8時に集合。レンタル器材のフィッティングの後、ブリーフィング。その後、藻場再生エリアに移動して潜水作業します。日程により、ビーチまたはボートとエントリー方法は変わります。ダイブ本数は1本〜3本で、活動内容や天候により変わります。PADIインストラクターまたはダイブマスターが、バディとしてサポートをおこないます。

その他ご不明点などありましたら、申込みフォームにコメントをお願いします。