人材育成・地域連携について

本当の海の姿を
知ってほしい

ダイビングといえば、沖縄や南の島々?

いえいえ、三陸だって、ここにしかない魅力的な海洋世界が広がっています。震災前から三陸でのダイビングをおこなってきた私たちはこの海の美しさを誰よりも知っています。

だからこそ、海の中でおきている変化を伝えたい。三陸ボランティアダイバーズは長期的視点にたち、海を愛し守る人の輪を広げています。

 

人材育成活動

東日本大震災以降、「危険」だと海で遊ぶ子供の姿はすっかり見ることがなくなってしまいました。

さらに、港には巨大防潮堤ができ、街からは海を見ることもできません。

海と人々の距離が遠くなってしまっています。私たちは、岩手県内学校での授業や、地域でのシュノーケル教室などを通じ、子どもたちに海と関わる楽しさ、海を守る大事さを伝える活動を続けています。

また、主に大学生を対象にしたボランティアプログラム「村おこしボランティア」を主催し、海洋環境保護に関わる新たな人材を育成することに力をいれています。

今後の三陸を担う地域内外の人材を育てることで、次世代に美しい海を引き継いでいきたいと考えています。

地域連携・受託事業

 私たちは現在、岩手県大船渡市や大槌町の漁協や行政から、磯焼け対策・藻場再生事業や、アワビなどの海洋資源調査や稚貝放流などの事業を受託し、継続事業として海洋環境と漁場の改善につとめています。

 三陸地方でも磯焼け被害が年々深刻化していますが、まだまだ対策は進んでいません。私たちは各方面は啓蒙活動や藻場再生手法の提言を重ね、藻場再生の事業化を後押ししています。

 こうした活動で得た成果や知見は下記のプロジェクトページにて公開していきます。

 今後は、増えすぎたウニの有効活用など、藻場再生を経済と結びつける試みや、活動費のファンドレイズなど、藻場再生が事業として持続可能になる状況を目指しています。

 よし詳しくお知りになりたい場合は、ぜひニュースレターをご購読ください。