NPO法人三陸ボランティアダイバーズは、東日本大震災で被災した三陸沿岸部の復興を支援し、海の現状を伝えるダイバーの集まりです。

●参加プログラム

海を楽しみ、魚と触れあい、仲間と親しむ。そんなイベントにあなたも参加してみませんか?

サーモンスイム

三陸ボランティアダイバーズの河川清掃で奇麗になった川で
ダイビングショップ「リアス」による遡上する鮭を観察するツアーを行います。
ダイビングショップリアスも震災後活動中止しておりましたが、
昨秋のサーモンスイムをもって復活致しました。

鮭観察ツアー概要

鮭の生態観察を通じて、森・川・海のつながりを体感し、そこにある人々の生活に触れるプログラム。

■実績

2009年から、地元漁協協力の下に行っていた鮭観察ツアー「サーモンスイム」は、2011年秋も開催し、全国から数多くの方々が訪れる機会を創出。
川に入って鮭の遡上を体感出来るので、遡上する鮭の姿を撮影するためにダイバーやカメラファンも多く訪れます。

■参加者コメント

  • ・川の水がとっても奇麗で、その裏にある復興の努力を感じました。鮭の元気で一生懸命な姿を見れて大満足です。
  • ・震災を知らないはずの鮭たちが元気に戻って来ている姿に自然の強さを実感しました。
  • ・鮭の遡上する風景はこの土地に住む人にとっては日常で、でもその姿がこの土地の人にとって大きな希望になっているのではないかと思った。
     日常にある力強さに感動しました。
●海からの遡上
海水から淡水に体を馴らす姿を観察する。 海にいる鮭の群れや波の中に並ぶ姿、また一方で遡上前に海鳥に捕食される様子も見られる。 漁協が設置している捕獲施設も視察可能。
●サーモンスイム
川の流れの弱いところを探しながら巧みに、また段差を跳ね上がって力強く遡上する姿を観察する。 実際に川に入って間近で見たり、写真、映像撮影することも可能。
●産卵観察
雌雄の行動の違い、産卵床作り、産卵の瞬間、卵を守る姿、親鮭の死骸を観察し神秘的瞬間に立ち会う。 人工孵化場にて、人の手により鮭のライフサイクルに関与している状況も見学可能。

昨年度実施例

●募集要項(例)

開催期間
2011年10月22日 ~ 11月30日
定員
各日10名
料金


10,000円
(うち5,000円は漁協への義援金にします。)

●スケジュール(例)

AM 9:00
現地集合
AM 9:30
観察or河川清掃
- 2時間 -
PM 12:00
お昼ご飯
PM 13:00
観察or河川清掃
- 2時間 -
PM 15:00
終了・解散