NPO法人三陸ボランティアダイバーズは、東日本大震災で被災した三陸沿岸部の復興を支援し、海の現状を伝えるダイバーの集まりです。

●参加プログラム

海を楽しみ、魚と触れあい、仲間と親しむ。そんなイベントにあなたも参加してみませんか?

体験ツアー

ボランティアと一緒にさまざまな体験ツアーを企画しています。
ツアーは有料で行い、漁協への還元を想定しております。
漁業状況、海況により実施できないこともございますので、予めご確認ください。
1月2月3月 4月5月6月
上旬中旬下旬上旬中旬下旬上旬中旬下旬 上旬中旬下旬上旬中旬下旬上旬中旬下旬

間引きわかめ漁体験
(2月)


わかめ漁体験
(3月)


めかぶ収穫体験
(4月~5月)


鮭の稚魚放流
(2月末~3月頭)

7月8月9月 10月11月12月
上旬中旬下旬上旬中旬下旬上旬中旬下旬 上旬中旬下旬上旬中旬下旬上旬中旬下旬
マンボウ見学ツアー
(夏期)

漁体験ツアー概要

本場の漁業を体験し、海産物や海洋環境、さらにはそこに根ざした漁師達の生活を垣間みて、
復活した三陸漁業を感じる。

■実績

震災後、復興状況に合わせて、イカ漁、ワカメ漁体験を実施。漁師との交流も行い、各漁協からも歓迎された。
今後は漁業復興に向けてさらなるツアーの展開や漁協の売上につながるツアーを企画する。

●ワカメ漁
1月~2月は間引き作業、3月~4月は本格的な収穫、さらにはメカブの作業も可能。漁師の船で本格的な作業の手伝いが可能。
●イカ漁
夏から秋にかけてはイカ漁船に乗り込み漁体験可能。通常はマシンでの釣り上げとなるが、人力で釣ることも可能。
●鮭漁
10月~11月の鮭遡上時期に河川に設置した捕獲施設による鮭漁の見学、また人工授精、孵化場の見学が可能。
●漁師交流
漁師の漁具倉庫や、作業場を見学、さらにはお宅にて家庭料理をごちそうになることもできる。
●とれたて海産物試食
その日に獲れたての海産物を味わうことが可能。日によっては漁師によるBBQも開催。
●マンボウツアー
夏になれば沖合に泳ぐマンボウを漁船で見学できるマンボウツアー開催。スノーケリングで誰でも一緒に泳ぐことが可能。